前へ
次へ

葬儀において親族が供物を贈るとき

葬儀は悲しい儀式ですが、その中でも華やかな状態を演出して故人を気持ちよく送り出してあげる必要があります。
葬儀に参列をして焼香などをすることでも送り出してあげられますが、それ以外には花や供物を贈ることで式を華やかにできます。
式場の周りに花環を飾ったり祭壇にお供えしたりするでしょう。
お花に関しては注意が必要で、持参をしても受け付けてもらえないときがあります。
葬儀会社に連絡をすると葬儀会社を通じて手配してくれ、名前なども記してもらえます。
一方供物に関しては持参したり宅配などで送るケースが多く、きちんと名前を記して葬儀会社などに渡します。
遺族からすると式を執り行う身なので供物は必要ないと感じますが、故人を送りだす点では遺族も同じになります。
ですから遺族も供物をお供えすることができます。
このときは個別に出すのではなく、一同にして出すと良いかも知れません。
それぞれの家から出すときもあれば、子供一同、孫一同などとして出すときもあります。

Page Top