前へ
次へ

喪服の準備は早めにしておくのが良い

葬儀会社の社員であれば日々色々な葬儀に出席をするのでブラックスーツなどの喪服を制服のように着ているかもしれません。
しかし一般の人は喪服を日常的に着るわけではありません。
男性のスーツならネクタイを変えれば冠婚葬祭に使えますが、女性の喪服はまさに葬儀などでしか着用できないでしょう。
葬儀の喪主であったり遺族は故人が亡くなってからかなりあわただしい生活をします。
ただ葬儀の場ではきちんと喪服を着て対応しなければいけません。
当日の朝に喪服を取り出して着ればいいと考える人がいますが、いざタンスから取り出して困ったとならないように注意が必要でしょう。
綿などで作られている洋服は虫などに食われることがあり、穴などが空いていれば着られる状態ではありません。
また長く着ていない服だとしみやカビが付いていて着られないときもあります。
前の日に着られない状態が分かればレンタルしたり葬儀会社から借りるなどもできるので、早めに着られるかどうかの確認をしておきましょう。

Page Top