前へ
次へ

葬儀に身に着ける真珠のネックレスの意味

宝石やアクセサリーは人を飾るのに適しています。
古い遺跡からも宝飾品が出土していて、昔から何らかの形で自分を飾るためにいろいろな道具を使っていたのでしょう。
時代によって美に関する意識は異なりますが、今なら宝石や金や銀などのアクセサリーで着飾ることが多いかもしれません。
宝石の中でも人気があるものとして真珠があります。
真珠貝によって育てられる光沢のある丸い宝石です。
一般的な鉱石とは異なり自然なものをネックレスにしたりイヤリングにして着飾ります。
女性であれば一連や二連のネックレスなどをして社交場などに出席することもあるでしょう。
では葬儀に出席をするときに真珠のアクセサリーを身に着けても良いかです。
葬儀に関してはあまり聞かざるのは良くないとされ、化粧などもあまり濃くすべきではありません。
ただ一連のネックレスは悲しみの涙を表すとして多くの人が身に着けるようです。
ただ真珠だからいいわけではなく、二連タイプやイヤリングなどは良くないかも知れません。

Page Top