前へ
次へ

供花や供物として依頼されたお金の使い道

最近の葬儀は葬儀会社が間に入って色々な準備をしてくれます。
そのため供花や供物の扱いも葬儀会社を通して行うことがあり、特に供花は個別に届けたいと願い出ても受け付けてもらえないときがあります。
花の種類の指定ぐらいならできるときもあるでしょう。
持参できるかどうかは事前に確認しておきましょう。
供花や供物を依頼する時には葬儀会社に連絡をし、料金は別途振り込みなどをして支払います。
するとそのお金を利用して準備をしてもらえますが、一応のルールとして必ずしも供花や供物として使わなくてよいとされています。
供花や供物にはお供えの目的以外に葬儀費用に充てる目的もあるからです。
供花や供物の依頼があったときは実際には供花を用意せず、そのお金で祭壇の費用に充てます。
祭壇を選ぶときに豪華なタイプを選ぶと葬儀費用が高額になりますが、供花などの費用を充てると幾分後の支払いを抑えることができます。
その時は名前だけが祭壇に飾られる形になるでしょう。

Page Top