前へ
次へ

葬儀の服としてモーニングコートが必要か

明治時代といえば江戸時代から大きく社会が変わったときで、服装などでも大きな変化が見られました。
和装がどんどんなくなって洋装をする人が増えていきます。
政治家などの写真が残っていますが、和装をしている人は少なく多くはスーツを着ています。
またモーニングコートを着ている人も見られます。
男性の洋装の正装服としてはモーニングコートになるため、葬儀で喪主を務める人などは着る必要があるとされていました。
モーニングコートは普段の仕事などで着る機会は少なく、冠婚葬祭でもあまり着ないでしょう。
必要があるときにその都度レンタルなどをすれば着ることができます。
正装服ではありながら最近はモーニングコートを着用しない人も増えています。
モーニングコートは昼間の正装服であり夜には着ません。
つまり前日に行う通夜にはブラックフォーマルを着用します。
そこで通夜と葬儀の両方で使えるブラックフォーマルで臨む人が多くなっていて一般化しています。

Page Top