前へ
次へ

家族葬に参列する際のマナーとは

最近多くなってきた家族葬ですが、もしも参列する場合にはどのような点に注意したらよいでしょうか。
そもそも家族葬とは、家族や親類などの近しい間柄の人のみが参列する葬儀です。
ですから、遺族側から葬儀の案内があった場合にのみ参列するのが適当です。
直接電話などで遺族から連絡があった場合や、書面による訃報のお知らせに葬儀の案内が記されていれば参列してもかまいません。
それ以外は参列は控えるべきでしょう。
服装は「平服で」といわれた場合でも、喪服の着用が基本的なマナーです。
葬儀当日、参列者全員が喪服なのに自分だけ平服では失礼に当たります。
また、事前に香典や供花を辞退するとの申し入れがあった場合には、それらを用意する必要はありません。
特に辞退の連絡がなかった場合には、一般の葬儀と同様に香典などを準備しましょう。
故人とゆっくり過ごしたいという遺族の意図も汲み取って、必要以上に長居をしないという配慮も必要になります。

Page Top