前へ
次へ

自宅での葬儀では焼香導線が重要になる

人が歩く道などを導線というときがあり、どの導線中にトラブルがあると歩きにくくなることがあるので注意が

more

供花や供物として依頼されたお金の使い道

最近の葬儀は葬儀会社が間に入って色々な準備をしてくれます。
そのため供花や供物の扱いも葬儀会社

more

祭壇に供物を並べるときの順番はどうなるか

葬儀を行うときは祭壇の飾りつけをします。
祭壇によって料金が変わるときもあるので、故人の意向を

more

葬儀の時に渡される塩の意味や使い方

調味料として塩があり、日本では海が身近にあるために古くから食事などに使われてきました。
一方店の前などに塩を盛ったりする様子を見ることがありますが、これは食べるためではなく縁起担ぎや魔除けとして使います。
お店の前の盛塩には客を集めたり神にささげるための意味合いがあります。
葬儀に参列すると会葬礼状と一緒に小さな袋が渡され、御清の塩などと書かれているのに気づくかもしれません。
中には塩が入っているので、家に帰って調味料として使おうと考えている人もいるでしょう。
この塩は体を清めるための塩で、葬式に出席して穢れがある状態なのでそれを無くすために使います。
神式による葬儀では死者は穢れとされるため、身を清める必要があるとされています。
しかし仏教では死者を穢れとしないので、仏式の葬儀であれば清める必要はないとされます。
ただ古くからの風習で塩を渡すのが定例になっているので、気になるなら自宅などで行うと良いでしょう。
玄関をまたぐ前に胸や背中や足元に塩をかけて行います。

明朗会計!予算に応じた葬儀を行います
真心と安心が詰まったファミリーホール荒江

伝統に生きる仏具制作販売店
仏壇東京マルタカです

新潟の葬式・家族葬・1日葬|安心の葬儀社【VIPシティホール 】

大阪でペット火葬・葬儀は京阪ペットセレモニー

葬儀・家族葬は尼崎の関西セレモニー | 地域トップクラスの低価格

Page Top